COMPANY PROFILE / 会社案内

CSR社会貢献活動

丸三屋では、「社会への貢献活動」として自分たちに何ができるかを会社全体で考え、社員の意見の中から4つの項目を選び、取り組む事に決定。2009年にスタートさせました。

ピンクリボン活動

ピンクリボン活動

私達は、乳がんの早期発見・早期治療の大切さを訴え、自己検診と医療機関の検診を勧める「ピンクリボン活動」を応援しています。

社員全員がきちんと知識を持つ為に、2009年の全社会議で「ピンクリボンセミナー」を開催しました。
受講した全員にピンクリボンバッジを配布し、路面店はもとより許可を得たホテル・式場の各店舗でも、全員がバッジを付けています。

また、お客様にはリーフレット・POPで私達の取り組みをお知らせしています。2010年10月のキャンペーンでは、全店あわせて1,000名の方に乳がん検診の大切さをお伝えしました。

更に社内啓発の一環として、毎月3日・13日・23日の「3」の付く日を「B(Breast:乳房)チェックデー」と決め、セルフチェックを推奨しています。

2010年には会社の健診にも「乳がんの触診」を取り入れ、ほとんど全ての女性社員が受診しました。

エコキャップ運動

エコキャップ運動

ペットボトルのキャップを集めて、世界の子供たちにワクチンを送ろう、というエコ&チャリティの運動です。
2009年5月にスタートし、現在までに約12万個(150人分のワクチンに相当)を回収しました。

当社では地元地域との関わりも大切にしたいと考え、全15店舗に加え本社(東京都港区高輪)所在の町内会にも協力をお願いしています。
回収したキャップは地元の高輪台小学校に届け、港区の集積を経てユニセフ募金となり子供たちにワクチンが届けられています。

AED講習会

AED講習会

近年AEDの普及率が高まり、主要な駅など公共の場への設置が広がっています。しかし、AEDを使える人の数がそれに追いついていない、という現状があります。

当社では、社員全員がAED使用法を含む「救命の初期動作」をできるようにしたいと考え、救命講習の受講をすすめてきました。
これまでに130名(社員の約85%)が受講し、「救命技能認定」を受けています。

知的障害者の雇用

知的障害者の雇用

現在、女性1名が本店に勤務しています。
2009年7月に3週間の研修を経て、8月より雇用を開始しました。

週3回、20時間勤務しています。
仕事の内容は、早番業務の手伝い、更衣室/食堂の掃除、使用後の商品の手入(アイロンがけ・靴や草履の手入)、書類のシュレッダーなどです。

ジョブコーチ(知的障害者の自立支援の為の施設より)の指導を受けながら今日まで進めてきました。
知的障害のある方に、私たちが学ぶ事もたくさんあります。
これからも共に頑張りたいと思います。